ソルフェージュレッスンの進め方

こんにちは!

 

もう今年も残りわずかですね…!!

数日後には新年だと思うと、心急かされるこの頃です(笑)

 

さて、本日は小さなお友達の、ソルフェージュレッスンの進め方と教室のかわいいスタッフ(ぬいぐるみ)を紹介したいと思います!

ソルフェージュとは

楽譜を読むために必要な基礎訓練のことです。

リズム、音名、強弱や速度記号などの、演奏する上での決まり事を学んでいきます。

 

私の教室では

 

"音をお友達のように大切に思う気持ちを育てる"

 

ことを教室理念としております。

 

その為小さなお子様のレッスンでは

先にソルフェージュの本を開いて決まり事を説明することはせず

 

動物のぬいぐるみと一緒に音楽ゲームをしたり、

 

ものがたり 不思議な音の国

 

を一緒に読んだりして、音やリズムに愛着を持ってもらってからやっと教材に入る、という進め方をしています。

 

早く基礎や音を覚えたい(覚えさせたい)という方にとっては、のんびりすぎてもどかしさを感じるかもしれません(笑)。

だいひょうの貫禄(笑)。

でも、小さいうちから音に愛情を向けて、

 

音は大切なもの

 

自分と一緒で生きていて感情を持っているもの

 

と認識していると

後にレベルアップして発表会で音楽的な曲を弾くようになった時に

 

質が高く美しい音が出せるようになります。

 

これができると、自分が楽しい時には一緒に笑ってくれて、悲しい時には一緒に泣いてくれる。

 

そんな自分の気持ちに寄り添ったピアノの音も出せるようになり

 

心の味方がひとつ増えます。

 

楽しいですよ!

 

こんな趣味があったら…楽しいですよ!!

(2回いいました)

 

そんな私の考えに賛同してくれて、一緒にレッスンを盛り上げてくれるスタッフを最後に紹介します!

リズム隊のみなさんです!

すずきさん

四分音符担当

四分音符がどれくらいの長さなのかを一緒にレッスンしていきます。

 

実は辛党で、休日にカラムーチョを食べることを楽しみにしています。

だいひょうからのひとこと

…?

 

リズムたいのみなさんって いってるのに すずきさんしか しょうかいされてない…

あ、はい…。ソルフェージュのお話が長くなっちゃったので本日は一人(?)しか紹介できませんでした…。

次回きちんと紹介します!

リズム隊のみなさん、ごめんなさい…。

 

つづき